Contents

サービス

アピールする英語で、上場企業の情報開示をサポート
  • 財務情報の英訳
    財務情報(アニュアルレポート、決算短信など)を、日本語から英語に翻訳します。適切な会計表現と自然な英語表現で、企業の英文開示の信頼性を高めます。
  • プレゼン資料の英訳
    プレゼン資料(プレスリリース、提案書、事業計画など)を、日本語から英語に翻訳します。読み手の行動を促すような文書の構成や記載内容のご提案もいたします。

特徴と強み

iProfess翻訳事務所の3つの特徴
  • 会計のプロが、財務情報を正しく簡潔に英訳します。
    正しく簡潔な英文財務情報には、財務会計の理解と適切な英語会計表現の知識の両方が必要です。日米の大手監査法人にいた米国公認会計士だからこそ、それが可能です。
  • 豊富な海外ビジネス経験が、海外取引先の行動を促すプレゼン資料の作成を可能にします。
    クロスボーダーの監査やM&Aの実務経験を通して、企業のプレゼン資料にこそ「アピールする英語」が必要不可欠であることを理解しています。
  • お客様のビジネスを理解しサポートするスポークスマンを目指します。
    丁寧なコミュニケーションで、企業が一番に伝えたいメッセージを正しく理解します。

代表者プロフィール

安田奈々
米国公認会計士

日米合わせて10年以上大手監査法人で監査、M&A財務デューデリジェンス、国際財務報告基準(IFRS)のリサーチ業務等に携わる。

2016年より、小中学生向けに英語自己紹介ワークショップ「1分ピッチ」を主催。

グローバル化する社会で、企業が海外投資家や取引先に対して、英語で自社のことを説明する機会も増えています。日本語と違って、英語は明確にメッセージを伝えなければ、…続きを読む