よくある質問

コンテンツ

  • よくある質問

    よくある質問

    お客さまからお問い合わせの多い疑問・トラブルについてお答えしております。 

よくある質問

Q. 見積りをお願いしたいのですが、どうしたらいいでしょうか

A. HPの「お問合せ」フォームからご依頼頂けるほか、お急ぎの場合は、お電話(050-3632-9540)またはメール(nyasuda@iprofess.com)でお問い合わせください。

Q. 見積りをお願いする際に、どのような情報が必要でしょうか

A. お分かりになる範囲で次を教えてください。
原稿内容、分量(ページ数)、原稿の媒体(ワード、エクセル、PPT、PDF、紙)、翻訳目的、参考資料、納期

Q. 守秘義務について教えてください

A. 開示情報に関する文書の取り扱いや守秘義務には最大限の注意を払っています。初めてお取り引きさせていただくお客様には、機密保持契約の締結について確認いたします。

Q. ネイティブチェックはしていただけるのでしょうか

A. 現在は専属のネイティブはおりません。必要であれば適宜ご紹介いたします。

Q. 納品後の修正や質問に対応していただけますか

A. 基本的に無料で対応いたします。大幅に修正が入る場合や頻繁に修正される場合など、別途料金をいただく場合もあります。

Q. 他の翻訳会社が翻訳した資料の英語チェックはできますか

A. 既に英訳済みの資料を、会計表現の適切性、自然な英語表現、訳漏れや誤訳の観点からチェックを行います。会計の専門的なチェックが必要なお客様、翻訳コストを低く抑えたいお客様、社内に翻訳ノウハウを蓄積したいお客様に最適です。

Q. 翻訳の無料お試し(トライアル)はありますか

A. 初めてのお客様には、1ページ(日本語400文字相当)無料でトライアル翻訳いたします。「アピールする英語」を実際にお試しください。

Q. 要約をしてから翻訳もできますか

A. 要約はその分野に精通していることが前提となるため、非常に高度なスキルが要求されます。IFRSなどの会計分野であれば要約することは可能です。個別にご相談ください。

Q. 部分的な翻訳もできますか

お客様で翻訳が必要な個所を明確にご指示いただければ、部分的な翻訳を承ります。

Q. 会社に来て翻訳をお願いすることはできますか

オンサイト(現場で作業)は、お客様のご要望があればもちろん承ります。その場合、交通費は実費で請求させていただきます。